県人会の皆さんこんにちは。
事務局の七條です。

琉球大学助教で、県人会メンバーの中川鉄水(なかがわてっすい)さん(広島市西区出身)が公開講座を開催されます。

詳細は下記のリンク先よりご確認下さい。
参加には申し込みが必要となります。

https://ercll.u-ryukyu.narayun.jp/seminar/detail.php?id=77

公開講座「水素のチカラ~水素を作る、貯める、使うを体験しよう~」

■概要/水素エネルギー社会到来が間近に迫っているが、沖縄では未だ水素ステーションや水素燃料電池自動車などの導入例が名無く、沖縄県民にはなじみの薄いものとなっている。しかしながら沖縄のような離島こそ水素エネルギーが必要であり、地産地消できるエネルギー資源であるため、沖縄こそ国内に先駆けて水素社会になるべきだと考えている。本講座は、こういった状況を踏まえ、沖縄県民に水素を認知し、正しい知識を持ってもらい、水素エネルギー社会へスムーズに移行するための草の根活動として、子供から大人まで幅広い年齢層に「水素教育」なるものを提供することを趣旨とする。具体的な内容としては、来るべき水素社会の形、基本的な水素の性質、水素製造、貯蔵、利用の講義を行いつつ、関連した実験(電気分解による水素発生、水素貯蔵材料アンモニアボランを用いた水素放出反応、水素燃料電池ラジコン)を体験してもらう。

■講師名/中川 鉄水(理学部海洋自然科学科 助教)

■開催日時/4月29日(金) 13時~15時

■会場/琉球大学理学部大学院棟102室 

■定員/30名

■受講対象者/市民一般、小中高校生

■受講料/無料

■申込み期間/3月22日~4月25日

■共催(予定)/琉大理学部海洋自然科学科化学系、日本化学会九州支部・化学協議会、沖縄県理科・化学教育懇談会

■備考/万一の事故に備えて各自で任意の傷害保険等に加入してください(必須)。

主催者 琉球大学
お問い合わせ先 098-895-8019

77